禁煙によるイライラの解消法

禁煙
この記事は約4分で読めます。

禁煙時につきものなのが、イライラです。ここでは、そのイライラの対処法を解説。また、近しい人が禁煙している時の上手なサポート方法も記載しています。

禁煙のイライラ対処法

禁煙するとイライラしてしまうのは、何故でしょうか?ここでは、そのイライラの原因と対策について解説します。また、確実に禁煙する方法として、チャンピックスも紹介。

禁煙時にイライラする理由

禁煙するとイライラしてしまうのは、ニコチンの離脱症状が原因です。

ニコチン依存症に陥り、禁煙している時間が長くなると、脳がニコチンを催促するようになります。そうすると、ニコチン切れによるイライラ、喫煙欲求、集中力低下など、さまざまな離脱症状を引き起こすのです。

ニコチンの禁断症状は3日から7日が山で、以降は徐々に改善していきます。その間はしっかりとストレス対策をしましょう。

禁煙中のストレス対策

禁煙でイライラしている時は、気分を変えることが必要です。甘いものを食べたり、お茶や紅茶を飲んだりすることで、口寂しさを上手に凌ぐこともできます。

禁煙グッズとしては、ニコチンガムを噛むのがおすすめです。ガムを噛んでいる間は、常に口の中にものが入っている状態なので、タバコを吸いたい気持ちを紛らすことができます。

また、禁煙時にタバコをスパスパ吸っている人を見ると、誘惑に負けそうになります。吸いたくても吸えないことでストレスが募らせる可能性もあるでしょう。

そのため、タバコを吸っている人にはなるべく近づかないようにすることが大切です。

禁煙宣言を周りの人にすることで、周囲の協力を得たり、喫煙者が自身の前ではタバコを吸わないようにしてくれたりするようになります。

後は、苛立ちを対処する時には運動もおすすめです。

軽めの運動をすることでニコチンの禁断症状を緩和でき、運動にはストレス耐性を高め、ストレスを発散する効果があります。運動は自宅でできるような軽いものでも良いので、ストレッチやウォーキングなど、習慣的に運動をしてみましょう。

禁断症状によるイライラにより、何度も禁煙を失敗してしまう人は、市販の禁煙補助薬や、病院の禁煙外来で診察を受けましょう

禁煙は生半可な気持ちで達成できるほど簡単なものではありません。時には禁煙グッズや、お医者さんの力を借りることも必要です。

禁煙するならチャンピックス!

チャンピックスは、ニコチンを含まない禁煙補助薬です。飲み薬としての禁煙補助薬は史上初。チャンピックスを服用すると、禁煙による離脱症状を軽減し、喫煙欲求を抑える効果があります。

しかも、チャンピックスはニコチンを含んでいません♪

チャンピックスにはニコチンが含まれていないので、より早くニコチン離脱症状を改善できます。自力での禁煙は、何年経過してもまだタバコを欲する気持ちなどが残りがちです。しかし、チャンピックスは薬学的な観点からニコチン依存症そのものを治療するので、最短で12週間で完全に禁煙できるのです。

チャンピックスは、通常は禁煙外来でしか入手できません。しかも、保険適用の条件(※1)に当てはまらなかった場合、高額な医薬品となります。

でもでも、チャンピックスは通販でも買えちゃいます

チャンピックスは、個人輸入代行サイトを利用すれば、Amazonなどと同様、通販で購入可能(※2)です。チャンピックスの禁煙率は92.6%とかなり高く、確実に、しかも短期間に禁煙したい人にはおすすめの医薬品です。チャレンジ用パックなどもあるので、本気で禁煙したい人は一度試してみてはいかがでしょうか?

※1:チャンピックスの保険適用については詳しくはこちら
※2:通販でチャンピックスを買う方法について詳しくはこちら

禁煙でイライラしている相手をサポートするなら?

家族や友人など、周りに禁煙に挑戦している人がいたら、上手にサポートしてみましょう。

禁煙時は、脳内の神経伝達物質の影響によってイライラしやすくなっています。近しい人が禁煙を開始するならば、いつも以上に優しく接し、サポートしましょう。

禁煙サポートするために、少しでもタバコを吸わないでいられたら、褒めてあげるのです。褒められて嫌な気持ちになる人はほとんどいません。たくさん褒め、その人の応援団になることで、乗り越えられるようになります。

禁煙とは、ゴールが見えない暗く長いトンネルをひたすら走り続けるようなものです。フルマラソンと同じように、応援や支えがあることで、最後まで頑張ろうという気持ちにさせられます。

また、サポートする時はタバコを吸いたくならないように環境を整備することも必要です。その人の前でタバコを吸わないのはもちろんのこと、タバコやライターなどを処分し、掃除をしましょう。

そして、上記で紹介したような、禁煙に役に立つアイテムを差し入れするのも良いです。口の寂しさを紛らわせることができれば、禁煙時の辛さがかなり軽くなります。

目標を設定し、それを達成したらご褒美をあげると約束してみましょう。本人にとってはつらい禁煙ですが、ご褒美をあげることで相手の気持ちを盛り上げることができます。

人間が頑張るためにはある程度の褒美や成果というものが必要です。禁煙を続けている人が頑張り続けられるように、小さなご褒美を色々と用意してあげましょう。