禁煙によるうつ症状・不安感や倦怠感の対策を徹底解説!

禁煙
この記事は約4分で読めます。

禁煙をできるか不安に感じる人も多いですが、まずはチャレンジしてみる事が大切です。また、禁煙は抗うつ症状にも有効です。

禁煙できるか不安……失敗してもいいからまずチャレンジしてみよう

禁煙は失敗してもいいので、チャレンジしてみようという気持ちと行動が大切です。まずは、禁煙を始めてみましょう。

禁煙を始める際にいろいろな不安を感じてしまうと言う人は多いです。過去に何度も禁煙を試みたけれど結局出来なかったという人も少なくありません。その為、行う前から禁煙を諦めている人が実は非常に多いのです。

しかし、現代は以前と異なり、さまざまな環境が大きく変化しています。街中では灰皿を置いている場所が非常に少なくなり、多くの飲食店では禁煙とする所が非常に増えました

健康増進法により、法律で喫煙が規制されてしまう場所が増えたのが要因ですね。たばこが公共の場所から排除される風潮へと変わってきています。

ファミレスでも全面禁煙が増えてきたしなぁ。

禁煙を行う事は、自分自身の体を守る行為です。

喫煙は、さまざまな病気を引き起こす引き金になります。喫煙のメカニズムも広く知られるようになり、喫煙をする人にとっては、肩身の狭い思いをする国となってきました。

その為、以前失敗をしたという人でも、以前に比べて禁煙をすることができる環境が整っているのです。禁煙をし易い環境になっているといえるでしょう。

それでも本当に禁煙したら自分は継続できるのかと不安に感じる人も多いです。もちろん最終的には自分自身の意志の問題になりますが、煙草を止めたいという気持ちが強いのであれば、躊躇せずに始めましょう

禁煙は、途中で失敗しても、誰かに咎められる物ではありません。どうしても出来ない場合にはまた吸ってもいいという安心感が重要となるのです。

まずは、始めてみましょう!

禁煙は抗うつ剤よりも精神の安定に効果あり

禁煙は抗うつ症状にも有効です。

たばこは精神を安定させる、抗うつ剤の一種であると考えている人がいます。それは、たばこを長時間吸っていないと気持ちがいらいらして気分が悪くなったり、不安になってしまうからです。そしてその精神を落ち着かせる為に一服というサイクルに陥っている人が少なくありません。

しかし、これはただニコチン依存症にかかっているだけです。イライラしたり不安になったりするのは、ニコチン離脱症状の一種なのです。これは、研究でも明らかになっています。

タバコのニコチンは、安定作用を持っていると同時に、禁断作用を引き起こします。喫煙中は精神が安定し、何事にも落ち着いて対処できるような気持になります。しかし、その後のニコチン離脱症状がある為、すぐに禁断症状が現れるようになってしまうのです。その結果、不安やストレスが増加します。

タバコは、目を覚ますための刺激であったり、精神を安定させるために高い効果があると言われ続けてきましたが、これらは幻想です。実際にはさまざまなトラブルを誘発させるもので有ることが分かっています。

ニコチンは、体の機能、特に血管や頭など重要な部分にも影響を与えてしまうことが多いです。特に、不安をあおるような効果も持っていることが分かっています。

その為、これまでは精神安定のために利用してきたタバコは、実はうつ病の引き金となる面も持ち合わせているのです。

現代では、禁煙を行う事は社会貢献につながる非常に良いものと評価される期待もあります。

禁煙初期は、確かにつらいです。しかし、禁煙初期の離脱症状さえ乗り越えられたなら、その後は完全に禁煙できます。

禁煙をより簡単に!チャンピックスを通販するという選択肢

昨今では、チャンピックスのような禁煙補助薬もあります。

チャンピックスは、禁煙による離脱症状を緩和させ、更にタバコを吸いたくなくなるように、脳に働きかけてくれる薬です。

こういった禁煙治療薬を利用する事で、り早く、より楽に禁煙も可能となります。もし、本格的に禁煙を検討しているのであれば、チャンピックスに頼るのも良いでしょう。

また、チャンピックスは通販でも購入可能です。

もし、通院が大変だというのであれば、チャンピックスの通販も視野に入れてみましょう。