チャンピックスとお酒の意外な関係性

チャンピックス
この記事は約3分で読めます。

チャンピックスとお酒の相性は良くありません。むしろ、悪い部類に入ります。この記事では、アルコールとチャンピックスの相性が良くない理由と対策、またチャンピックスとアルコール依存症との関係について触れていきます。

チャンピックスを飲むとアルコールに弱くなる?

米国食品医薬品局によると、アルコール耐性がある人と、ない人でチャンピックスを服用してからのアルコール摂取に注意が必要な場合があります。

アルコール耐性がある人は、アルコールを体内で正常に分解されるため、チャンピックスを服用したところで大して問題ではありません。

しかし、耐性がない人がチャンピックスとアルコールを一緒に摂取すると、アルコールが十分に分解されません。その結果、思考が鈍ったり、ろれつが回らなくなります。通常よりも性格が攻撃的になり、健忘がひどくなることもあるのです。

特にお年寄りはその傾向が強く、眠くなりやすいため、アルコール摂取後にお風呂などに入るのは危険です。最悪の場合、何かの拍子で頭を地面にぶつけて意識を失う可能性があります。

どうしても飲みたい場合は、アルコール量を少なめにしましょう。禁煙中は、煙草が吸えないストレスをアルコールで紛らわしたくなる人もいるでしょう。そこを我慢するのが大切です。

チャンピックス服用の際は禁酒したほうがいい?服用後は味覚が変化することも

チャンピックス服用後は、基本的に禁酒するか、摂取量を減らした方が良いです。

とはいえ、日常的にタバコと酒を服用していた人がいきなり止めるのは難しいでしょう。無理に我慢すると、反動で飲みすぎてしまう可能性があります。

飲みすぎると、最悪の場合アルコール中毒を引き起こす可能性があります。いきなり禁酒するのではなく、少しずつ減らしていきましょう

1度失敗してからでは遅いので、慎重に進めるのがコツです。

禁煙の天敵は至る所に潜んでいるので、常に気を配りながら生活しましょう。

チャンピックスを服用することにより、僅かですが味覚が変化したという報告があげられます。

普段タバコを吸っている人は、ニコチンやタールを常に口の中に入れているようなものです。禁煙することで、口内からニコチンやタールが消えたことで、以前と比べて味覚が変わったと感じる可能性があります。

味覚異常ではなく、味覚が喫煙する前の状態に戻ったと考えるのが妥当でしょう。

チャンピックスとアルコール依存症の関係は?

チャンピックスとアルコール依存症との関係は少なからずあります。

ニコチン性アセチルコリン受容体をそれまでタバコの服用により常時取っている状態だったのが、チャンピックスによってその量が減るからです。減った分を何らかのもので体を満たさないといけないという思いに駆られます。

チャンピックスを飲むことにより飲酒の量が増えるというよりは、タバコを止めることによってその代わりが酒になるという認識が正しいです。

普段から飲んでいる人はタバコを止めたところでその量はあまり変わりません。むしろ普段飲まない人は要注意です。タバコを吸っていてそれまで気づかなかった酒の美味しさを必要以上に知ってしまうと、酔うことの効果を合わせて実感します。

タバコを止める為のことだし、ちょっとくらい飲み過ぎても良いかなと自分に甘くなってしまいそうだな。

そういう場合は、お酒ではなく別の発散方法を考えておくのが良いかもしれませんね。スポーツやゲームで発散しましょう!

一人で我慢するのが難しいのであれば、家族や友人に助けてもらいながら健康管理していくのが大切になります。タバコを止めることで健康になる人がたくさんいますので鉄の意志を持って貫徹しましょう。