チャンピックスが保険適用になる4つの条件と例外

チャンピックス
この記事は約5分で読めます。

チャンピックスは、禁煙外来で購入できます。また、条件を満たせば保険が適用されるのです。しかし、条件を満たしていても、保険が適用されないケースもあります。

ここでは、チャンピックスが保険適用される条件とその例外についてみて行きましょう。

チャンピックスが処方される禁煙外来ってどんなところ?

チャンピックスは、主に禁煙外来で処方されます。また、禁煙外来であれば、チャンピックスも保険適用価格で入手できるのです。

以前は、タバコは嗜好品という考え方から、喫煙も個人の自由とされてきました。しかし、最近ではニコチン依存症は病気であると言う認識が高まっています。その流れから、禁煙治療でも、一定の条件を満たせれば、保険が適用されるようになりました。

禁煙治療に保険が適用されるようになったのは、2006年4月からですね

そこで広く設置されるようになったのが、禁煙外来です。禁煙外来は、一人で達成することが難しい禁煙を、禁煙補助薬や治療経過の観察などでサポートしてくれます。

大抵の病院で専門の診療科が設置されているほか、禁煙外来が設置されていなくても、内科や循環器科、婦人科など幅広い診療科で、禁煙治療は可能です。

禁煙外来の魅力は、何といっても保険適用!チャンピックスは高額なので、保険適用価格で入手できるのは心強いですね。

しかし、禁煙外来で保険適用とするためには、一定の条件があるので、注意が必要です。風邪などの一般的な疾患のように、保険証さえ提示すれば、保険が適用されるわけではありません。

チャンピックスで保険が適用されるには4つの条件をクリアする必要がある

チャンピックスは、禁煙によるニコチン切れの症状を軽くしたり、タバコを吸いたい気持ちを抑える薬です。チャンピックスに保険が適用されるには、以下の4つの条件をクリアする必要があります。

  • ニコチン依存症の判定テストの結果が5点以上必要
  • ブリンクマン指数の値が200以上
  • 禁煙への覚悟を示す意志の確認
  • 文書で同意する

この中でも特に重要な、ニコチン依存症の判定テストとブリンクマン指数について詳しく掘り下げていきましょう。

ニコチン依存症の判定テストの結果が5点以上必要

1つ目の条件は、ニコチン依存症の判定テストが5点以上になっていることです。

ニコチン依存症テストは、WEB上でも受けられます。

まずは、以下の表で自分に当てはまるものを選んで点数を計算しましょう。

(引用:日本循環器学会 日本肺癌学会 日本癌学会 日本呼吸器学会 禁煙治療のための標準手順書 第6版より)

設問8にある『精神的問題』とは、喫煙することによって、神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出ているかどうか、という事です。ニコチン離脱症状とは異なります。

この判定テストは、禁煙を希望する人が、書面で設問内容に答えていくことで、点数を出すことができるものです。このテストはタバコへの依存度を図るスクリーニングテストで、5点以上の人は、ニコチン依存症と判定されます。

点数が高ければ高いほど、ニコチンへの依存度は高いです。5点以上なら本格的に禁煙を考えましょう。

ブリンクマン指数の値が200以上必要

チャンピックスを保険適用で入手するには、「ブリンクマン指数」が200以上となっている必要があります。ブリンクマン指数とは、1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数を数値化したものです。

ブリンクマン指数200以上とは、簡単に言うと、1日1箱(20本)を10年間毎日吸っているかどうかです。1日2箱以上吸っているのであれば、5年間です。

自分が毎日吸っている本数から、おおよその数値を割り出してみましょう。

加えて、すぐにでも禁煙したいと考えており、禁煙治療を受けることを文書で同意していて、意志の確認が取れていた場合、保険が適用されます。

条件を満たしても保険が適応されないケースがある

条件を満たしていても保険が適用されないケースがあります。そういう場合、チャンピックスの通販も視野に入れましょう。

条件を満たしていても保険が適用されないケース

チャンピックスに保険が適用されるためには、上述した4つの条件を満たすことが必要です。ただし、その条件を満たしても、保険が適用されないケースがあります。

例えば、過去に禁煙外来を受診したものの、禁煙治療に失敗し、1年経過していない場合です。この場合、保険が適用されず、自由診療となります。

チャンピックスの治療スケジュールは12週間が基本です。3か月程度で5回の診察を経て、禁煙の実現を目指します。 この期間に治療を断念してしまった場合、1年経過していない場合は、再チャレンジを試みても、自費で治療を受けなければならないのです。

もちろん、最初の診察から1年が経過していれば保険適用で禁煙治療を再開できますよ。

前回の禁煙治療を最後まで行った人の場合、約9か月経過していれば禁煙治療を保険適用で再開可能です。

禁煙治療は、医師に相談せずに治療を中断してしまうと成功率が低くなります。また、きちんと診察を重ねることで、禁煙する確率は大幅に上がる事が実証されているのです。

また、チャンピックスを使えば、無理せずに禁煙治療を続けることができます。上手に薬を使いつつ、医師のアドバイスやサポートも活用して禁煙を継続しましょう。

まだ1年経過したいけどチャンピックスが欲しい!という人は通販がおすすめ

チャンピックスを服用していても禁煙に失敗してしまう人の多くは、保険適用外になってしまって治療を断念してしまった人です。

12週間で治療を終えられなくても、チャンピックスの服用を続ければ、禁煙はできます。

そんな人にはチャンピックスの通販がおすすめです!

保険が適用外になって経済的に治療継続が困難という場合は、チャンピックスの通販を検討しましょう。

通販であれば、自費よりもはるかに安い価格で購入できます。しかも、診察にいく手間もないので、自分のペースで禁煙に取り組めるのです。