チャンピックスの効果は?禁煙できる理由と脳や神経に作用する仕組み

チャンピックス
この記事は約3分で読めます。

「チャンピックスを飲むとタバコを吸いたくなくなるってどういうこと?」

「実際の禁煙成功率ってどのくらいなの?」

この記事では、チャンピックスが持つ2つの効果や成功率について掘り下げていきます。

チャンピックスは刺激作用で禁煙の抵抗を和らげる

チャンピックスの刺激作用とは、チャンピックスの有効成分バレニクリンが、ニコチンより先にニコチン受容体と結合し、ドパミンを放出する事です。この刺激作用によって、タバコを吸いたいという気持ちが収まります

刺激作用は、まずニコチン受容体を軽く刺激することから始まります。アセチルコリン受容体を介して交感神経及び副交感神経の興奮作用が起こるのです。

ニコチン受容体が刺激されると、ドパミンが放出されます。ドパミンとは、神経伝達物質のひとつであり、生体内で合成されるアドレナリン・ノルアドレナリンの前駆物質です。 ドパミンが放出されると、禁煙に伴う離脱症状や喫煙に対する欲求が軽減されます。

離脱症状とは、禁断症状と同じ意味があります。一時的に喫煙をやめたときに吸いたくて仕方ない症状が起こることも、離脱症状です。

チャンピックスを服用することで刺激作用が起こり、禁断症状や煙草を吸いたいという欲求を減らせます。

チャンピックスは拮抗作用で喫煙の満足度を下げる

チャンピックスの拮抗作用とは、タバコをまずく感じさせて、喫煙の満足度を下げる事です。

禁煙の仕組みにおいては、脳の神経細胞は非常に重要な役割を果たしています。なかでもニコチン受容体が大きく関わっているのです。

チャンピックスによって、ニコチン受容体を介して、刺激作用と共に拮抗作用が発現させて、禁煙します。チャンピックスを服用すると、α4β2ニコチン受容体に対して選択的な作用が起こるのです。

本来、何も服用していない状態で煙草を吸うとニコチンがニコチン受容体に結合し、喫煙することで満足が得られます。

しかし、チャンピックスを服用することで、喫煙を行ってもニコチンが脳の神経細胞にあるニコチン結合部位に結合しなくなります。そうすると喫煙をすることによる満足感が抑制されるのです。

チャンピックスは、α4β2ニコチン受容体に対して非常に高い親和性を持っています。そのため、ニコチンとニコチン受容体の結合を遮断する効果が非常に高いのです。

拮抗作用が起こると同時に、チャンピックスがα4β2ニコチン受容体に結合することで少量のドパミン放出が起こります。ドパミン放出は、離脱症状や煙草を吸いたいという欲求を軽減するため、無理なく煙草をやめられるのです。

チャンピックスによる禁煙の成功率は92%

チャンピックスの服用により禁煙に成功した人は、92%前後だと言われています。大半の人は、12週間から24週間ちゃんと服用すれば、禁煙できます。しかし、中には失敗してしまう人もいるのです。

失敗してしまう原因はいくつかあります。

まずは、初めの1週間で「効果がない」と自己判断してやめてしまうのです。初めの1週間は、チャンピックスの成分量は、半分なので十分な効果を実感することができないかもしれません。それにもかかわらず、この時点で諦めてしまう人もいるようです。

そして、周りの人が喫煙していると、1本くらいなら吸っても良いと思ってしまい、失敗してしまう人もいます。

喫煙を再開してしまうと、チャンピックスの意味がありません。意志を強く持って吸わずにいる必要があるのです。

チャンピックスによる禁煙は、何度も挑戦することができます。本当に煙草をやめたいのであれば何度でも諦めずに挑戦してみましょう。

再チャレンジした場合の成功率は、50パーセント程度だと言われています。

数回チャレンジした結果、無事禁煙できたという人もいます続けてみることが大切です。

まとめ

チャンピックスには、2つの効果があります。刺激作用と拮抗作用です。チャンピックスの禁煙成功率は92%と言われています。再チャレンジした場合の成功率は、50パーセント程度ですが、続けることで禁煙は可能です。心を強く持ち、禁煙を続けましょう。