• ホーム
  • 包茎が原因の早漏を治す方法

包茎が原因の早漏を治す方法

けんかするカップル

包茎の人は性行為の様々な悩みを抱えてしまうことが多いのですが、そうした悩みの一つに早漏があります。
早漏はその名称が示すように、性行為時にすぐに射精をしてしまう症状です。
この症状があると性行為を楽しむことが難しく、またパートナーにも不満を抱かせてしまう可能性もあるため、大きな悩みとなってしまうのです。
しかし、ここで疑問になるのが包茎の人は必ず早漏になるのか、包茎でない人は早漏にはならないのかということです。
実際にはどちらの答えも絶対にそういうわけではないといえます。
ただし、包茎の人が早漏になってしまう理由はいくつか考えられます。
例えば、包茎の人はペニスが敏感であるということです。
仮性でも真性でも通常時は亀頭が包皮に守られている状態です。
そのため、包茎ではない人と比べると亀頭の皮の成長が不十分で敏感となってしまい、性行為時には亀頭への刺激が強すぎてすぐに射精してしまうということになるのです。
このことから、真性、仮性に関係なく包茎の人は刺激に敏感なため、早漏となってしまう要因があるといえるのですが、仮性の場合は治す方法がないわけではありません。
結局のところ、刺激に弱いというのは慣れていないだけということですので、治す方法は何度も経験をすることに他なりません。
もともと仮性包茎の方はペニスがコンプレックスとなって性行為の経験が少ない方も多いため、なおさら刺激に対する経験が浅いのです。
よいパートナーと巡り合って、経験を重ねることで刺激に慣れてある程度射精をコントロールできるようになりますし、性行為に対する自信を持てるようにもなるはずです。
このようなことから、考えれば包茎が原因の早漏を治す方法は、肉体的原因だけではなく精神的原因を改善することだといえるのです。
また自分でも行える治し方として、日ごろから包皮を剥いて過ごすようにするというのもあります。
できるだけ包皮を剥いた状態を維持することで、亀頭が刺激に強くなっていくのです。
ただこの方法はやり方を間違えるとペニスに雑菌などがついて感染症を引き起こしてしまうリスクもあるため、必ず清潔な手で行うようにしなければいけません。
それ以外では病院で仮性包茎を治してもらうというのも一つの手です。
仮性の場合は、それほど大がかりな治療を受けずとも治す方法がいくつかありますので、きちんとした専門病院で診察を受けて適切な治療を受けるとよいでしょう。

真性包茎の場合は手術が必要

仮性包茎の場合、早漏を治す方法はいくつかあるのですが、真性の場合は手術しか治す方法はないといえます。
なぜなら、真性の場合、常に包皮が被ったままの状態を自分で改善することができないからです。
真性包茎は、包皮口が閉じている、もしくは極端に狭くなっている状態ですので、仮性のように自分で包皮を剥いて刺激に慣れさせるという早漏対策はできません。
ですので、早漏を治すためには、まず治療を受けることからはじめなければいけないのです。
ただ真性包茎が必ず早漏になるというわけではありません。
先述したように常に皮が被っている状態であり、それは性行為時も同様ですので、人によってはほとんど亀頭が露出しないことも考えられます。
この場合、亀頭が刺激を受けにくいため、早漏ではなく遅漏の症状が出ることもあるのです。
ただどのような症状であっても、真性包茎をそのままにしているのはいい状態とはいえません。
そもそも真性包茎は仮性と違って治療に医療保険が適応されることからもわかるように、性生活だけではなく日常生活にも支障をきたす恐れがあり、治療が不可欠な状態と認められている症状です。
ですので、悩んでいるよりも早めに治療を受けることが一番の改善方法となるのです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧